Waltz for Work

物書きになって以来11年間、原稿を書き始める時に、しばしば聴く曲があります。

Bill Evansの『Waltz for Dabby』です。

※この曲はパブリックドメインです

まだ自分が物書きを目指すサラリーマンだった頃、仕事で帰ってきた後の深夜に、

この曲を聴きながら、新人賞応募用の原稿を書いてました。

その頃の習慣からか、今でもこの曲を聴くと、条件反射的にやる気が湧いてきます。

いわゆる『ルーチン効果』というやつでしょう。

原稿を書く事自体は好きだけど、書き始めるのは常に億劫な私にとって、この曲は貴重な発奮剤です。

なお演奏者のビル・エヴァンスは、実生活で多くの問題を抱えており、

荒れた生涯を送ったピアニストでした。

ですが自分がどんな状況に置かれていても、エヴァンスが紡ぎ出す音楽は常に美しく、

人の心を癒すような優しさに満ちていました。

願わくば私も、そのようにありたいものです。

いつかこの音楽のように、優しく美しい物語を書きたいものだと。


最新記事
特集記事
アーカイブ
カテゴリー
リンク