『登場人物が疑問に思わない謎』について


ミステリー的な作品でも、物語内での視点者(主人公など)が疑問に思わない事は、読者も疑問に思わない事が多いように思います。 作中で奇妙な事が起きていても、よほど目立つ異常じゃない限り、それはスルーされる傾向にあると。

昔とある作品で、『最後まで解けないどころか、登場人物の誰も謎だと気づかない謎』を仕込んだ事がありました。

よく考えたら相当おかしな事が起きてるのに、もっと異様な出来事が傍で起きているので、うっかり登場人物たちが見落としてしまうというシーン。

もしも読者の誰かがその謎の存在に気づき、答えに辿り着いたら、物語の別の側面が見えてくるという趣向です。本筋にはあまり関係のない、いわば『考察用』のお遊びとして入れました。

しかし気づいてくれた方はほとんどいなかったので、試みとしては失敗だったのかなと思います。 やっぱり謎は謎として、わかりやすく魅力的に見せていった方がいいですね。


関連記事

すべて表示
最新記事